色々な設定方法をご紹介します。

メイン画像にリンクを貼る方法

2016年12月16日
WordPress(ワードプレス)の様々な設定方法の紹介です。

 team garden テーマはメイン画像へリンクをはり、アピールしたいページを訪問者に見てもらえます。

 

今回は、メイン画像にリンクを貼る方法をご紹介します。

 

※先に 1000 × 400 ピクセルの画像をメディアライブラリーに登録して下さい。

登録方法は、「画像をライブラリーに登録する方法」を参照してください。

 

1.ダッシュボード>外観>カスタマイズをクリックします。

1.ダッシュボード>外観>カスタマイズをクリックします。

2.ヘッダー画像 をクリックします。

2.ヘッダー画像 をクリックします。

3.新規画像をクリックします。

3.新規画像をクリックします。

4.新しくメイン画像にしたい画像を選び、説明の部分にURLを張り付け右下の”選択して切り抜く”をクリックします。

4.新しくメイン画像にしたい画像を選び、説明の部分にURLを張り付け 右下の”選択して切り抜く”をクリックします。

5.右下の”切り抜かない”をクリックします。

5.右下の”切り抜かない”をクリックします。

6.画像が追加しました。メイン画像は、最大三枚まで追加できます。

6.画像が追加しました。メイン画像は、最大三枚まで追加できます。

7.この方法は、ダッシュボード>外観>テーマの設定のトップページメイン画像説明部分に記載されています。

7.この方法は、ダッシュボード>外観>テーマの設定のトップページメイン画像説明部分に記載されています。

難しいWordPressの設置、初期設定を丸ごと販売。テーマの単体の販売も。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

WordPress(ワードプレス)の固定ページへコンタクトフォーム(Contact Form 7)を設置する方法 その4

2016年12月01日
WordPress(ワードプレス)の様々な設定方法の紹介です。

Contact Form 7を使ってお問合せフォームを設置します。 

Contact Form 7を使ってお問合せフォームを設置する その1 はこちら
Contact Form 7を使ってお問合せフォームを設置する その2 はこちら
Contact Form 7を使ってお問合せフォームを設置する その3 はこちら

今回は出来上がったフォームに入力された内容を正しくメールに送信されるように設定します。

 

1.ダッシュボード>お問合せ>コンタクトフォーム をクリックします。

1.ダッシュボード>お問合せ>コンタクトフォーム をクリックします。

 

2.WordPress(ワードプレス)の固定ページへコンタクトフォーム(Contact Form 7)を設置する方法その1で作った、「練習お問合せ」の編集をクリック

2.WordPress(ワードプレス)の固定ページへコンタクトフォーム(Contact Form 7)を設置する方法その1で作った、「練習お問合せ」の編集をクリック

 

3.先ほどの編集画面になりましました。赤枠の”メール”をクリックします。

3.先ほどの編集画面になりましました。赤枠の”メール”をクリックします。

 

4.メール設定の画面です。最初に入っているテキストは全て消してしまいます。

4.メール設定の画面です。最初に入っているテキストは全て消してしまいます。

 

5.上の赤枠内のタグを利用して、問合せ内容をメールに反映します。

5.上の赤枠内のタグを利用して、問合せ内容をメールに反映します。

 

送信先→
ご自分のメールアドレスを入力する

送信元→
問合せを書いた人のメールアドレスを反映させます。
ここでは、[your-email]と入力する。

題名→
問い合わせが来た時にわかる題名を入力する。

追加ヘッダー →
Cc:メールアドレス を入力するとコピーが送信されます。
また、Reply-To:[your-email] と入力しておくと、問い合わせをした人に返信できます。

メッセージ本文 →
お名前:[your-name]
E-mail:[your-email]
ご希望の折り返し連絡方法:[contact-us]
電話番号:[your-tel-no]
Skype ID:[SkypeID]
ご相談内容: [Consultation]
緊急度:[emergency]

6.すべて入力したら、”保存”を入力します。

 

7.実際に問い合わせページより入力しテスト入力してみてください。

7.実際に問い合わせにテスト入力してみてください。

 

8.きちんと内容が反映されたメールが到着したら、問い合わせフォーマットは完成です!

8.きちんと内容が反映されたメールが到着したら、問い合わせフォーマットは完成です!

一度やり方を覚えてしまうと、次回からは、簡単に作成できます。

難しいWordPressの設置、初期設定を丸ごと販売。テーマの単体の販売も。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

WordPress(ワードプレス)の固定ページへコンタクトフォーム(Contact Form 7)を設置する方法 その3

2016年11月30日
WordPress(ワードプレス)の様々な設定方法の紹介です。

Contact Form 7を使ってお問合せフォームを設置します。 

Contact Form 7を使ってお問合せフォームを設置する その1 はこちら
Contact Form 7を使ってお問合せフォームを設置する その2 はこちら

では、お問合せフォームを作っていきましょう。

1.ダッシュボード>お問合せ>コンタクトフォーム をクリックします

1.ダッシュボード>お問合せ>コンタクトフォーム をクリックします

2.WordPress(ワードプレス)の固定ページへコンタクトフォーム(Contact Form 7)を設置する方法その1で作った、「練習お問合せ」の編集をクリック

2.WordPress(ワードプレス)の固定ページへコンタクトフォーム(Contact Form 7)を設置する方法で作った、「練習お問合せ」の編集をクリック

3.フォームにあらかじめテキストが入っています。

3.フォームにあらかじめテキストが入っています。

4.そのテキストを全て消去します。

4.そのテキストを全て消去します。

5.フォーム内にテキストを入力します。

5.フォーム内にテキストを入力します。

練習用テキスト

—-

お名前:

E-mail:

ご希望の折り返し連絡方法:

電話番号:

Skype ID:

ご相談内容:

緊急度:

貴方がロボットでないことを証明してください。
答えを入力してください:

送信前にご確認し、チェックを入れてください。

—-

6.にカーソルを置き、”テキスト”のボタンをクリックします。

6.※にカーソルを置き、”テキスト”のボタンをクリックします。

7.問合せの際の名前は必ず入れてほしいので、必須項目にチェックを入れ、名前に your-name を入力し、”タグを挿入”をクリックします。
7.問合せの際の名前は必ず入れてほしいので、必須項目にチェックを入れ、名前に your-name を入力し、”タグを挿入”をクリックします。
8.お名前:の横に入力されました。次にE-mail:※にカーソルを置き、”メールアドレス”のボタンをクリックします。
8.お名前:の横に入力されました。次にE-mail:※にカーソルを置き、”メールアドレス”のボタンをクリックします。
9.問合せの際のメールドレスは必ず入れてほしいので、必須項目にチェックを入れ、名前に your-email を入力し、”タグを挿入”をクリックします。
9.問合せの際のメールドレスは必ず入れてほしいので、必須項目にチェックを入れ、名前に your-email を入力し、”タグを挿入”をクリックします。
10.E-mail:の横に入力されました。次に連絡方法:※にカーソルを置き、”ドロップダウンメニュー”のボタンをクリックします。
10.E-mail:の横に入力されました。次に連絡方法:※にカーソルを置き、”ドロップダウンメニュー”のボタンをクリックします。

 

11.問合せの際の連絡方法は必ず入れてほしいので、必須項目にチェックを入れ、名前に contact-us を入力し、オプションに連絡方法を入れ 空の項目を先頭に入れる~にチェック。”タグを挿入”をクリックします。

11.問合せの際の連絡方法は必ず入れてほしいので、必須項目にチェックを入れ、名前に contact-us を入力し、オプションに連絡方法を入れ 空の項目を先頭に入れる~にチェック。”タグを挿入”をクリックします。

12.連絡方法:の横に入力されました。次に電話番号:※にカーソルを置き、”電話番号”のボタンをクリックします。
12.連絡方法:の横に入力されました。次に電話番号:※にカーソルを置き、”電話番号”のボタンをクリックします。
13.名前に your-tel-no を入力し、”タグを挿入”をクリックします。

13.名前に your-tel-no を入力し、”タグを挿入”をクリックします。

14.電話番号:の横に入力されました。次にSkype ID:※にカーソルを置き、”テキスト”のボタンをクリックします。

14.電話番号:の横に入力されました。次にSkype ID:※にカーソルを置き、”テキスト”のボタンをクリックします。

15.名前に SkypeID と入力し、”タグを挿入”をクリックします。

15.名前に SkypeID と入力し、”タグを挿入”をクリックします。

16.Skype ID:の横に入力されました。次にご相談内容:※にカーソルを置き、”チェックボックス”のボタンをクリックします。

16.Skype ID:の横に入力されました。次にご相談内容:※にカーソルを置き、”チェックボックス”のボタンをクリックします。

17.問合せの際のご依頼内容は必ず入れてほしいので、必須項目にチェックを入れ、名前に Consultation と入力し、オプションに項目を入れ”タグを挿入”をクリックします。

 

17.問合せの際のご依頼内容は必ず入れてほしいので、必須項目にチェックを入れ、名前に Consultation と入力し、オプションに項目を入れ”タグを挿入”をクリックします。

18.ご相談内容:の横に入力されました。次に緊急度:※にカーソルを置き、”ラジオボタン”のボタンをクリックします。

18.ご相談内容:の横に入力されました。次に緊急度:※にカーソルを置き、”ラジオボタン”のボタンをクリックします。

19.必須項目にチェックを入れ、オプションに項目を入れ、名前に emergency と入力し”タグを挿入”をクリックします。(ラジオボタンは一個しか選択できないボタンです。)

 

19.必須項目にチェックを入れ、オプションに項目を入れ、名前に emergency と入力し”タグを挿入”をクリックします。(ラジオボタンは一個しか選択できないボタンです。)

20.緊急度:の横に入力されました。次に貴方が~入力してください:※にカーソルを置き、”クイズ”のボタンをクリックします。20.緊急度:の横に入力されました。次に貴方が~入力してください:※にカーソルを置き、”クイズ”のボタンをクリックします。
21.簡単なクイズを入力します。名前に sum と入力しクイズ|答 と入力します。”タグを挿入”をクリックします。

21.簡単なクイズを入力します。名前に sum と入力しクイズ|答 と入力します。”タグを挿入”をクリックします。

22.貴方が~入力してください:の横に入力されました。次に最後の行の横※にカーソルを置き、”承認確認”のボタンをクリックします。

22.貴方が~入力してください:の横に入力されました。次に最後の行の横※にカーソルを置き、”承認確認”のボタンをクリックします。

 

23.名前に confirmed  と入力し”タグを挿入”をクリックします。

23.名前に confirmed  と入力し”タグを挿入”をクリックします。

24.最後の行の横の横に入力されました。一番下※にカーソルを置き、”送信ボタン”をクリックします。

24.最後の行の横の横に入力されました。一番下※にカーソルを置き、”送信ボタン”をクリックします。

25.ここでは、どこもいじらず”タグを挿入”をクリックします。

25.ここでは、どこもいじらず”タグを挿入”をクリックします。

 

26.送信ボタンが入力されました。これで、入力は終わりましたので”保存”をクリックします。

26.送信ボタンが入力されました。これで、入力は終わりましたので”保存”をクリックします。

27.ショートコードを張り付けた固定ページを見てみましょう。各項目が入力されていることがわかります。

27.ショートコードを張り付けた固定ページを見てみましょう。各項目が入力されていることがわかります。

 

 

HP上は項目が表示されましたが、このままでは入力された内容が指定されたメールアドレスに送信されません。

次回は、問い合わせの内容が反映されるように、メールを設定する方法です。

 

難しいWordPressの設置、初期設定を丸ごと販売。テーマの単体の販売も。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

WordPress(ワードプレス)の固定ページへコンタクトフォーム(Contact Form 7)を設置する方法 その2

2016年11月24日
WordPress(ワードプレス)の様々な設定方法の紹介です。

Contact Form 7のフォームボタンの説明

Contact Form 7でフォームを設置するとき、多数のボタンが表示されます。

6.次の記事では、このコンタクトフォームで設置できるフォームを紹介します。

このボタンを使うとどのような表示になるのか、以下をご覧ください。

contact-form7

 

①テキストボックス←短いテキストを入力できます。使用例:名前、年齢など

②メールアドレス←メールアドレスを入力してもらう場合に使用します。

③URL←URLを入力してもらう場合に使用します。

④電話番号←電話番号を入力してもらう場合に使用します。

⑤数値(スピンボックス)←数値を直接入力してもらうこともできます。▼の印をクリックして数値を動かすこともできます。

⑥数値(スライダー)←大体の位置で

⑦日付←日付を入力しもらう場合に使用します。(IEでうまく表示されない場合があります。ご注意ください。)

⑧テキストエリア←質問や感想など沢山の文字数を入力してほしいときに使用します。

⑨ドロップメニュー←いくつかの候補から一つを選んでほしいときに使用します。

⑩チェックボックス←いくつかの候補からいくつ選んでも良い場合に使用します。

⑪ラジオボタン←いくつかの候補から一つを選んでほしいときに使用します。

⑫クイズ←あまり使わないと思いますが、スパムメール防止のために、入力してもらうのも良いと思います。

⑬確認ボタン←入力欄に空きがないか、確認していただく場合に利用します。

⑭送信ボタンこのボタンを押すと、指定したメールアドレスに送信されます。

 

 

 

 

次の投稿は、各ボタンの設置方法、送信されたメールの宛先や、そのメール本文の設定方法です。

 

難しいWordPressの設置、初期設定を丸ごと販売。テーマの単体の販売も。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

WordPress(ワードプレス)の固定ページへコンタクトフォーム(Contact Form 7)を設置する方法 その1

2016年11月24日
WordPress(ワードプレス)の様々な設定方法の紹介です。

ワードプレスでは、簡単に固定ページへお問合せのボタンを作ることができます。

今回の記事は、固定ページに、コンタクトフォームを設置する方法です。
※あらかじめContact Form 7というプラグインをインストールしておく必要があります。※
プラグインをインストールする方法をご参照ください。

1.ダッシュボード>お問合せ>新規追加 をクリックします。

1.ダッシュボード>お問合せ>新規追加

 

2.一番上のタイトル部分に、「練習お問合せ」と入力し、一旦保存します。

2.一番上のタイトル部分に、「練習お問合せ」と入力します。

 

3.すると”このショートコードをコピーして、投稿、固定ページ、またはテキストウィジェットの内容にペーストしてください:”
という表示のしたに、[contact-form-7 id=”1403″ title=”練習お問合せ”」というシートコードが表示されますのでこのコードをコピーします。

3.シートコードが表示されます。

 

 

4.ショートコードを固定ページの本文部分に張り付けます。

4.ショートコードを固定ページの本文部分に張り付けます。

 

5.固定ページにコンタクトフォームが表示されるようになりました。

5.固定ページにコンタクトフォームが表示されるようになりました。

 

 

6.次の記事では、このコンタクトフォームで設置できるフォームを紹介します。

6.次の記事では、このコンタクトフォームで設置できるフォームを紹介します。

 

 

難しいWordPressの設置、初期設定を丸ごと販売。テーマの単体の販売も。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

カテゴリーの表示順序の変え方

2016年11月22日
WordPress(ワードプレス)の様々な設定方法の紹介です。

 

投稿が増えてくると、それに伴いカテゴリーも増えていきます。

カテゴリーの表示サンプル

今回は、増えていくカテゴリーの表示順序の変え方をご紹介します。

使うプラグインは、「Category Order」

是非インストールしてカテゴリーを整理しましょう。

1.ダッシュボード>投稿>Category Order をクリックします。

category-orderの使い方1

 

2.自分の並べたい順番にカテゴリーを動かします。最後に「Order Category」をクリックします。

category-orderの使い方2 

このようにカテゴリーの種類ごとに並べ替えると見やすいですし、スッキリします。

次回も色々な設定方法をご紹介していきます。

難しいWordPressの設置、初期設定を丸ごと販売。テーマの単体の販売も。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

【TinyMCE Templates】ワードプレス(WordPress)で投稿のテンプレートが作れるプラグインの紹介

2016年10月21日

日々の投稿を書き始める時に便利です

皆さんは日々の投稿をどのように書き始めますか?

まず、タイトルを見出し1にして
次に中見出しを作り、本文書いて、、、

又は、前回の投稿の文頭をコピーしたりしますよね。

今回は、その投稿のテンプレートを作るプラグインを紹介させていただきます。
この「TinyMCE Templates」であらかじめテンプレートを作っておけば
ブログを書き始めるときの下書きになり、
悩まなくてもブログの書き出しがスムーズに行えるはずです!
是非、お試しください。

設定方法

1.ダッシュボード>テンプレート>新規追加 をクリック

tinymce-templates操作方法1

2.タイトル、本文を入力します。

この時、本文に見出し1、や見出し3など選択しておきます。

3.ショートコードとして挿入

いいえを選ぶと本文として挿入されます。
はいの場合は、
tgテーマのブログ共通エリアのように、
各ブログの下に表示されるテキストを作ることができます。

4.公開をクリックします。

tinymce-templates操作方法2

5.ダッシュボード>投稿>新規追加>テンプレートを挿入をクリックします。

tinymce-templates操作方法3

6.テンプレートを選ぶ画面がでてきますので、
希望するテンプレートを選び、テンプレートを挿入をクリック
tinymce-templates操作方法4
7.本文にテンプレートの内容が反映されました。

tinymce-templates操作方法5

設定方法は簡単ですが、
使い道はたくさんありそうですね。
日々ブログを書いている方が少しでも楽になりましたら幸いです。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

All in One SEO ホームタイトル と ホームディスクリプション の設定方法

2016年09月21日

「ホームタイトル」、「ホームディスクリプション」とは
Googleで検索をされた際に、以下のように検索結果に表示されます。

Googleで検索をされた際に、このように検索結果に表示されます。
ホームディスクリプションでは、”トップページをどのキーワードで上位表示させたいか”を考えて文章を入力します。

1.ダッシュボード>All in One SEO>一般設定 をクリックします。

1.ダッシュボード>All in One SEO>一般設定 をクリックします。

2.一般設定の下にある ”ホームページ設定” 内の 「ホームタイトル」と「ホームディスクリプション」を入力します。
最後に青いボタン「設定を変更」をクリックして終了です。

2.一般設定の下にあるホームページ設定内の 「ホームタイトル」と「ホームディスクリプション」を入力します。 最後に青いボタン設定を変更をクリックして終了です。

 

 

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

アイキャッチ画像の設定について

2016年09月21日

team gardenのテーマでは、トップページに新しい投稿を表示させることができます。

その新着投稿の横にでてくる画像。これが「アイキャッチ画像」です。

新着投稿の横にでてくる画像。これが「アイキャッチ画像」です。

この画像は、ユーザーの興味を引き記事へと誘導させることを目的とした画像イメージで、登設定方法も簡単です。是非ご活用ください。

それでは設定方法の紹介です。

設定の前に、アイキャッチ画像にする画像をメディアに登録します。

画像をライブラリー追加する方法

1.ダッシュボード>投稿>投稿一覧をクリックします。

1.ダッシュボード>投稿>投稿一覧をクリックします。

 

 

 2.アイキャッチ画像を登録したい投稿の「編集」をクリックします。

2.アイキャッチ画像を登録したい投稿の「編集」をクリックします。

 

3.編集画面の右下(赤枠内)のアイキャッチ画像を設定をクリック

3.編集画面の右下(赤枠内)のアイキャッチ画像を設定をクリック

 

4.メディアライブラリーが表示されるので、予め登録しておいた画像をクリックし、次に右下の「アイキャッチ画像」を設定をクリックします。

4.メディアライブラリーが表示されるので 予め登録しておいた画像をクリックし、次に右下の「アイキャッチ画像」を設定をクリックします。

 

5.もとの編集画面に戻るので、公開をクリックします。

5.もとの編集画面に戻るので、公開をクリックします。

 

6.アイキャッチ画像が表示されました。

 

6.アイキャッチ画像が表示されました。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

投稿のカテゴリーを設定する方法

2016年08月05日

投稿を書くときに「ジャンル」ごとに分類する為にカテゴリーが存在します。

例えば、料理のサイトでしたら、「卵」「鶏肉」「チーズ」というふうに素材毎に分類すると、
卵料理をしたい人は卵のカテゴリーを、鶏肉を使った料理を調べたいときは、鶏肉カテゴリーを、
鶏肉とチーズを使った料理を作りたい人は、両方のカテゴリーが入った投稿を、という感じで好きなページだけ閲覧するに便利です。

投稿を書くとき、カテゴリーはサイトの構造を形作るものでもあります。

 

1.ダッシュボード>投稿>カテゴリー をクリックします。

1.ダッシュボード>投稿>カテゴリー をクリックします。

2.各項目を入力します。

2.各項目を入力します。

今回は、「料理」というカテゴリーの下に「鶏肉」というカテゴリーを追加します。

①カテゴリーの名前を入力します。

②スラッグを入力します。この場所は、半角英字(数字)にします。

③親を指定します。今回追加するカテゴリーが親になる場合は「なし」を選択します。

④新規カテゴリーを追加をクリックします。

 

3.「鶏肉」というカテゴリーが「料理」の下に追加されました。

3.「鶏肉」というカテゴリーが「料理」の下に追加されました。
名前の前に「-鶏肉」となっているのがわかりますでしょうか?
「-」がつくのは、親カテゴリーの下にあるという意味です。

 

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。