色々な設定方法をご紹介します。

表の作り方について

2016年05月24日

HPを作る時に、表が簡単に作れたら。。と思うことありませんか?
従来、タグを書いて表を作っていましたが、WPは簡単に表を作る プラグインがありますのでご紹介します。

表を作るには、2通り方法があります。
1.初めから表を作る方法。
2.エクセルにある表をインポートして作る方法。

簡単な表を記載したい場合は、初めから作った方が簡単です。
今回は「1.初めから表を作る方法」を紹介します。

—-
このプラグインを使います。

「WordPress TablePress」
※ここから紹介する方法は、「WordPress TablePress」がプラグインがインストールされている状態からの説明になります。詳しくは、「プラグインをインストールする方法」をご覧ください。

 

1.テーブルを新しく追加します。

※ダッシュボード→ TablePress→新しいテーブルを追加 をクリック。
テーブルを新しく追加します。

すると、次の画面が表示されます。

2.「新しいテーブルを追加するページ」です。

新しいテーブルを追加するページ

ここでは試しに5列4行の表を作ってみましょう。

①テーブルの名称:わかりやすいテーブル名を付けます。
ここでは、「5列4行の表をつくります。」と入力しました。

②説明:自分で分かるように説明を入れます。

③行数と列を入れます。ここでは 4行 5列です。

内容を確認したら、「テーブルを追加] ボタンをクリックします。

すると、今度は、以下の画面になります。

 

3.「表の中身を入力するページ」です。

表の中身を入力するページ

「新しいテーブルを追加するページ」で指定の通り、5列の4行のテーブルが表示されています。右上赤枠のショートコードを、ここでコピーしておきます。この画面を下にスクロールすると以下の設定項目があります。

 

テーブルのオプションを追加します。

 

テーブルのオプション:
表示のようなテーブル編集を行えます。2つ目のチェックは、行が多い表の場合、必要になるかと思います。

テーブルの機能
表示のようなテーブル機能を設定できます。
※Webページ制作の場合は、殆んどのチェックを外すことになると思います。
各項目を設定、入力し終わったら、プレビューしてみましょう。
すると表がプレビューされます。

4.プレビュー画面

プレビュー画面です
ここでも、ショートコードを見ることができます。
表も出来上がりました。

しかし、この状態では、まだ、HPにいらした方がこの表をみることができません。

このショートコードを ”表を表示させたい固定ページ” の本文を入力する場所に 張り付けると表が見られるようになります。

いかがでしたでしょうか?一度作業してみたら、次から簡単に表作成ができますね。
それでは、また次回、様々な設定方法を紹介していきます。

 

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。