色々な設定方法をご紹介します。

Google Search Console (グーグルサーチコンソール) について

2016年11月18日

WordPress(ワードプレス)の様々な設定方法の紹介です。

Google Search Console (グーグルサーチコンソール) は、アクセスしてくる前のデータが多く閲覧できるのが特徴です。例えば、検索結果で自サイトのページがどれくらい表示されているか、どれくらいクリックされているかなどのデータを見ることが出来ます。それ以外にも、サイトが検索エンジンにどう見られているか、ペナルティを受けているかなども見ることが出来ます。それに対し、Googleアナリティクスは、Webサイトへアクセスしてきたユーザーが、「どこから来たのか」「どんなページを見たのか」「どれくらい滞在したのか」などアクセスしてきた後のデータの取得には非常に長けたツールです。Googleアナリティクスとサーチコンソールはすでに連携されていて、ページを移動せずに解析を行うことができます。現在の連携されたページでは、以下の4つをみることができます。

集客>サーチコンソールの中に4つのメニューがあります。

サーチコンソールメニュー画面

ランディングページ(LP)

ランディングページは、1番最初に表示された入口のページを指します。上位のページにはリンクを貼るなど、他のページを見てもらえる工夫が必要です。

サーチコンソール表の説明

表示回数クリック数:CTR:平均掲載順位→Search Console
セッション:直帰率:ページ/セッション:トランザクション数:収益:eコマースのコンバージョン率→Googleアナリティクスから取得したデータです。

この二つが1つの表にまとまったことで、たとえば次のような見方ができます。

CTR(クリック数)は高いけれど、直帰率も高いページは見直しをしないと、検索から来たユーザーを逃してしまいます。
必ずしも直帰率だけを見るべきではありませんが、ページ見直しのきっかけやアイデアにつながります。
反対に、CTRが低いけれどページセッション数が大きいページを見つけることも成果の改善に役立ちそうです。

タグの見直しや、本文を見直してよりクリックしてもらえるように修正するだけでも、HP内を回るアクション数が増えることもあります。

クリック数が高くセッション数も高く(直帰率が低い)ページに訪問するユーザーが増えれば、当然収益が増すことが期待できます。

以前は、Search ConsoleとGoogleアナリティクスが別々でしたが、統合がされたので1つの場所で分析ができ便利ですね。

どこの国からのアクセスがあるのかわかります。外国からのアクセスが多い場合は、サイトを多言語化したほうが良いかもしれません。

 

デバイス

スマホが多い場合は、スマホでの見える画面をチェックするなど、レイアウトを考えていく必要があります。

 

検索クエリ

検索エンジンで検索されたキーワードが表示されます。
狙っているユーザーのイメージとは違うキーワードで検索されていない場合は、タイトルなどの修正が必要そうです。

今回の記事は以上です。また次回も色々な設定方法をご紹介していきます!

 

難しいWordPressの設置、初期設定を丸ごと販売。テーマの単体の販売も。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。