ページ構成

2016年06月16日

ページ構成を決定します。
トップページのバナー部分に
どのような要素を入れるか、
グローバルナビゲーション(メニュー部分)に
何を記載するか、などを決定します。

構成決定後、ご連絡ください。
なお、構成サポートはPLAN-A,Bはオプション
PLAN-Cには含まれます。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

サイト初期設定

2016年05月24日

サイトを始めるために、サーバーに契約し、
ドメインを取得します。
team gardenでは、
さくらインターネット(スタンダード・5,142円/年額)

推奨しています。

まだドメイン・サーバー契約を行っていない場合は
取得のサポートもしています。

ワードプレス初期設定へ続く

kiji-shita

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。

プラグインをインストールする方法

2016年05月23日

WordPress プラグインのインストール方法を紹介します。

皆さんは、「プラグイン」をご存知ですか?
プラグインとは、「現在のWordPressに機能を追加するための小さなプログラム」のことをいいます。
例えば、パソコン。最初は基本的なソフトしか入ってませんが、ゲームがしたくてソフトをインストールしたり、プリンターを使うためのソフトをインストールしたりしますよね。

WordPress も買ったばかりのパソコンのように、最低限のプラグインしか入っていません。でも、サイトを作っていくうちに、簡単に表が作れる機能があればな…とか、もっと違うサイトマップが作りたい、など思ったとき、色々便利な機能(プラグイン)があるのです。

インストールする方法はどのプラグインも同じですので今回は、
プラグインをダッシュボードからアクセスしてインストールする方法
を紹介します。

尚、プラグインはWordPress の各バージョン全てに対応しているわけではありませんので、インストールの前に、バックアップを取り、可能ならテストサイトを作っておいて、一度試してみると安心かと思います。インストールしたとたんデーターが飛んでしまったりする場合もありますので、事前の準備が必要です。

1.ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

1.ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

2.プラグインを検索する画面が表示されます。

2.プラグインを検索する画面が表示されます。

今回は「Child Pages Shortcode」というプラグインをインストールしてみます。Child Pages Shortcodeは、固定の親ページにとても簡単なショートコードを入力するだけで、以下のような子ページの一覧を出力します。
検索欄にChild Pages Shortcodeと入力して「プラグインの検索」をクリックします。

3.プラグインの検索結果が表示されます。

Child Pages Shortcodeの「いますぐインストール」をクリックします。

3.プラグインの検索結果が表示されます。

4.インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックします。

4.インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックします。

5.きちんとプラグインが動作するか、チェックします。

5.きちんとプラグインが動作するか、チェックします。

6.子ページを表示させたい、親のページに赤枠内のショートコードを張り付けます。

6.子ページを表示させてたい、親のページに赤枠内のショートコードを張り付けます。

7.このように表示されましたので、プラグインが無事に動作したことがわかりました。

7.このように表示されましたので、プラグインが無事に動作したことがわかりました。

無事にインストールできましたでしょうか
色々便利なプラグインがありますので、色々検索してみると面白いです。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。