WordPress(ワードプレス)の固定ページへコンタクトフォーム(Contact Form 7)を設置する方法 その2

2016年11月24日
WordPress(ワードプレス)の様々な設定方法の紹介です。

Contact Form 7のフォームボタンの説明

Contact Form 7でフォームを設置するとき、多数のボタンが表示されます。

6.次の記事では、このコンタクトフォームで設置できるフォームを紹介します。

このボタンを使うとどのような表示になるのか、以下をご覧ください。

contact-form7

 

①テキストボックス←短いテキストを入力できます。使用例:名前、年齢など

②メールアドレス←メールアドレスを入力してもらう場合に使用します。

③URL←URLを入力してもらう場合に使用します。

④電話番号←電話番号を入力してもらう場合に使用します。

⑤数値(スピンボックス)←数値を直接入力してもらうこともできます。▼の印をクリックして数値を動かすこともできます。

⑥数値(スライダー)←大体の位置で

⑦日付←日付を入力しもらう場合に使用します。(IEでうまく表示されない場合があります。ご注意ください。)

⑧テキストエリア←質問や感想など沢山の文字数を入力してほしいときに使用します。

⑨ドロップメニュー←いくつかの候補から一つを選んでほしいときに使用します。

⑩チェックボックス←いくつかの候補からいくつ選んでも良い場合に使用します。

⑪ラジオボタン←いくつかの候補から一つを選んでほしいときに使用します。

⑫クイズ←あまり使わないと思いますが、スパムメール防止のために、入力してもらうのも良いと思います。

⑬確認ボタン←入力欄に空きがないか、確認していただく場合に利用します。

⑭送信ボタンこのボタンを押すと、指定したメールアドレスに送信されます。

 

 

 

 

次の投稿は、各ボタンの設置方法、送信されたメールの宛先や、そのメール本文の設定方法です。

 

難しいWordPressの設置、初期設定を丸ごと販売。テーマの単体の販売も。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。