ウェブサイト作りすぎ夢中にご用心。検索結果は逃げてゆく

2017年07月19日

今日のテーマは・・・
「ウェブサイト作りすぎ夢中にご用心。検索結果は逃げてゆく 」

1分ちょっとで読めちゃうお話です。

 

 

1.なにはともあれ SEO!

「検索結果の上位に表示させたい!」と思うならまず

S・E・O!

ですよね。

 

でも、何となくはわかるけど、
SEOとは何か、漠然としかわからないので
私なりに砕いてみました。

 

【SEOとは】
検索結果で自分のホームページを
多く露出するために行う対策のこと

 

お客様が入力したキーワード、つまりお客様の検索する

・状況(場所、時間)
・期待(大人気、美味しい、)
・動機(痩せたい、作りたい、届けてほしい)

に対し的確に反応して、検索結果に
表示されやすくすることを目的として
ページ構成や、キーワード設定を
考えていくということですね。

 

 

2.教えてあげたい情報と、お客様が欲しい情報は一緒?

例えば、あなたが洋菓子店の店長だとします。
そして売り上げアップのため、本格的なフランス菓子の
マカロンの販売を開始しました。

マカロンのことを知ってほしくて、マカロンの作り方、
歴史 種類、などなどあらゆる情報をホームページへ記載しました。
写真も素敵で、読んでいてワクワクするウェブサイトとなりました。

 

お客様がマカロンを求めている場合には、
検索窓に「マカロン」と入力するでしょう!

 

これでヒット間違いなし?
さて、このページは検索結果に多く反映されるでしょうか?
そして、あなたはマカロンを最終的にどうしたいのでしょう。

 

 

3.最終目的を明確に!

そう、最終的には、マカロンを販売し、売り上げUPを望んでいます。
ページを作りこむことに注目してしまい、目的が薄れてしまっている場合が
あります。

 

注意すべき点は、「購入意欲があるお客様目線で考えること」です。

 

例えば、「新宿」で「手作りのマカロン」で情報を
探しているお客様の検索結果に表示されるよう、
注力することが有効です。

 

そして、お店のマカロンは手作りであること、お店の場所、
特定の地域に配達可能であることを強調、
問合せ先を常に表示させるなど、注文しやすくなるような
ウェブサイトを作つことが重要です。

 

そうすることで、
「手作りマカロン 洋菓子店」または
「新宿で一番おいしいマカロン」などの検索結果に表示されやすくなります。

 

今回は、お客様が目線の考えを元に、ウェブサイトを
作成する重要性について書かせていただきました。

 


 

いかがでしたでしょうか?
結果はすぐには出にくいですが、続ければ理想に
近づけること間違いなしですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

【ブログ共通エリア】 ブログ記事の下に常に表示されます。 各ブログの下に表示されるテキストです。